BLOG

BLOG

エフ・ベースのお仕事ブログです

イベント 2019/04/13 Sat

完成見学会、ただ今開催中!

天気が心配でしたが、無事晴天に恵まれ、完成見学会「小さな家の、大きな暮らし。」はただ今絶賛開催中!
昨日の時点ではまだ無かった名作椅子「Yチェア」も到着し、ますます片川ワールド全開の会場となっております。

明日までやっておりますので、皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。
 

▲残念ながら外構までは、仕上がっていませんが、それでも見応えのある内容の見学会となっていますよ!
 

社長・丸山と、

▲接客中の丸山社長
 

この家の施主である設計・片川が、丁寧にご案内いたします。

▲接客中の片川
 

今回の家は設計・片川の家ということもあり、普段エフ・ベースでは、あまり使用しない仕上げ材を使ったり、家具のレイアウト、階段の仕様など、色々と挑戦しています。
 


▲エフ・ベース初となる箱階段
 


▲玄関から見たキッチン。奥はダイニング
 


▲階段前から見た広い玄関
 
写真を見てお分かりの通り、片川の家の1階は、壁や廊下は無く、箱階段を置いただけのプラン。階段の後ろを通り抜けるとリビング、前からだとキッチンそしてダイニングへと。
箱というだけあって、中は空洞なので収納も兼ねています。面白いですね〜。
 

つづいては、仕上げ材について。

前々回のブログでもご紹介したように、この家ではラワンベニヤをふんだんに使用しています。

先程の「箱階段」の黒、キッチンの赤茶の部分は、このラワンベニヤを染色して仕上げています。ラワンベニヤの素地はこんな表情をしています。


▲好みはありますが、ラフな感じがお好きな方におススメです
 

ラワン材は、こちらも


▲1階トイレの扉
 

こちらにも


▲2階階段手摺を利用した本棚
 

いかがですか?

素人の片川が仕上げた左官壁、麻布の張られた障子、和紙の貼られた照明はイサム・ノグチのAKARI・・・・

これらの天然素材との相性も抜群だと思いませんか?

そして、最後にお伝えしたいのが・・・・

下の、エフ・ベースとDWELLさんとのコラボレーションによるダイニングテーブル!


▲詰めればまだまだ座れそうですね
 

この丸テーブルの特徴は、何と言っても中央の格子状の脚。
この脚の形状のおかげで、テーブルの脚の位置を意識せずに、スペースが許す限り何人でも座ることができます。

このテーブルもぜひ実際に見て触って体感していただきたいです。

そして最後に・・・・


▲家が家族を幸せにしてくれる。そんなワンシーン
 

明日14日(日)もやっていますので、興味のあられる方は、お気軽にお越しください!

>>>見学会「小さな家の、大きな暮らし。」の情報はこちら

PAGE TOP