「ヒュッゲ」な暮らしをしてみませんか?

 

「ヒュッゲ」という言葉を聞いたことはありますか?
日本ではなじみの少ない言葉かもしれません。
「ヒュッゲ」はデンマーク語で、日本語にそのまま訳すことは難しいのですが、「心地よいこと」またそのための環境づくりといったニュアンスです。
デンマークでも人によってヒュッゲのとらえ方が少しずつ違っているようですが、友人や家族と集まり、心地よくゆったりとした時間を過ごしたり、心地よい空間のためにインテリアや居住スペースを整えたりといった過ごし方もあるようです。
人との関わり、さらにはその過程でもたらされる精神的な幸福を「ヒュッゲ」と呼び、デンマークの人々は「ヒュッゲな暮らし」をとても大切にしています。

 

こんにちは。
エフ・ベースの山内です。

 

さて、エフ・ベースの経営理念の中には「豊かな暮らしを創造する」という文言があります。
私たちは「暮らしをつくる工務店」として、安心・安全に暮らせる「ハコ(=家)」づくりのお手伝いをしています。
そこから先はお客様がその「ハコ」を活かして楽しく豊かに暮らして頂けるよう、ご提案をし、それをチョイスすることになります。
今回のブログでは様々な「ヒュッゲの種」を紹介します。


 

GOOD-TIME PLACE

GOOD-TIME PLACEとは、屋外に屋根付きのアウトドアキッチンを設けることで、気軽に家族や仲間が集えるようにした半外空間につけた呼び名です。
昔の家の土間のように、土足のまま入っていける空間にすることで、家の中に入ることなく、家族はもちろん、ご近所さんやお友達などと気軽にくつろいだ時間を楽しめます。
また、風雨をしのぐ屋根(必要に応じて簡単な壁も)の下に、アウトドアキッチンと屋外用のダイニングテーブルや椅子が準備されていれば、
家の中から必要なものを取り出してくるわずらわしさがありません。
面倒な作業があると、楽しいことでも次第にやらなくなってしまうもの。
必要なものがその場に最初から備え付けてあれば、日常の中で気軽に楽しむことができます。

インテリア

自分のライフスタイルに合ったお気に入りのものに囲まれた生活は、まさに「ヒュッゲな暮らし」といえます。
よりよい暮らしを実現する家具や、雑貨をじっくりと選ぶ時間は、精神的な豊かさをもたらしてくれます。

 

コーヒー

コーヒータイムをとても大事にし、ライフスタイルの一環として楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
最近はこだわりのコーヒー豆を焙煎し、販売する個人店舗がとても多くなったように感じます。
それだけ人々がコーヒータイムを大切にし、こだわりを持っている証でしょう。
私は家でも会社でも、コーヒーは日々に欠かせないもので、朝は家族のためにコーヒーを淹れ、会社でのコーヒータイムは休憩と頭の整理を兼ねて、味わうようにしています。
コーヒーを丁寧に淹れたり、コーヒーアイテムをそろえたりするだけでも満足感を得られるので、ぜひコーヒーのある暮らしを楽しんでみてください。

 

観葉植物

暮らしの彩りに欠かせないのが観葉植物です。
観葉植物はどんなスタイルのインテリアにもマッチし、心を癒やしてくれます。
そして手間をかけるほど、それに応えるように育ってくれるので、手間を惜しまず愛情を注いでいると、新芽を出したときなどは、この上ない喜びとなります。
小さなものでもいいので気に入った観葉植物を飾って、みどりのある暮らしをはじめてみませんか。

 

観葉植物もそうですが、植物を飾ることは精神的安定につながります。
色とりどりの花を飾ると、空間がパッと明るくなるだけでなく、沈んでいた気持ちも不思議と明るくなるものです。
私は月に1度、アレンジメント教室に通っています。
生けた花は玄関に飾っていますが、最近は数本のグリーンや生花を購入し、リビングにも飾っています。
目にも優しく、癒し効果もあり、花のある暮らしは日々の生活に彩を添えてくれます。

キャンドル

日本ではあまりなじみのないキャンドルですが、デンマークのある北欧の国々の家では、なくてはならないアイテムのひとつです。
キャンドルとともにすてきなキャンドルホルダーをダイニングやベッドルーム、廊下などに飾るのも、北欧流の楽しみ方です。
私の家にも少しですがキャンドルを置いています。
実際使わなくても置いてあるだけで、立派なインテリアとなりますし、GOOD-TIME PLACEにも合うのでおすすめです。
家にいる時間が長い今、キャンドルに火を灯し静かな夜を過ごしてみてください。
とてもロマンチックで幻想的な時間を過ごせますし、ゆったりとリラックスできるでしょう。
火をつけるのに抵抗がある方は、LEDキャンドルであれば気軽に取り入れられるでしょう。
最近はリアルな炎のゆらめきを再現したキャンドルもあるので、お気に入りを探してみるのも楽しいです。

 

棚に並ぶのはリメイクなどの際に大活躍のターナー社の塗料「ミルクペイント」

DIY

インテリアや暮らしを楽しむことと密接な関係にあるのがDIYです。
自分の暮らしにあった家具を作ったり、既存の家具をアレンジしたり、自分好みに仕上げることでより快適で豊かな生活に近づくと思います。
既に持っている家具にカッティングシートを貼るだけでも、ガラリと印象が変わり、生活に新鮮さが生まれます。
実際、私の住まいは建売だったため、洗面台の扉の色が気に入らず、カッティングシートで模様替えをしました。
難しく考えずに、自分のできる範囲でDIYにチャレンジするのもいいでしょう。
できたときの達成感は心地がいいもので、物質的にも精神的にも幸福感を得られます。

いかがでしたか?
ご紹介した「ヒュッゲの種」たちは豊かな暮らしづくりのヒントになりましたか?

そんな「ヒュッゲの種」をチョイスしたイベント「コーヒースタンド・ネイバーフッド」が、今週末11月6日7日、エフ・ベースで開催されます。

【終了】11/6(土)・7(日)コーヒーとともに、植物・E-MTB・テントサウナを楽しもう!「コーヒースタンド・ネイバーフッド」を開催

ご近所にコーヒーを飲みに来る感覚で、お気軽に遊びにいらして下さい!
コーヒーのプロによる、淹れ方教室もまだご予約できますよ!

Written by:

エフ・ベースの創り出す家は上品よりも『快適』に重きを置いた住まいです。 新築だけでなく、リフォームやちょっとした工事のご相談もお気軽にどうぞ♪

掛川市で注文住宅の木の家ならエフ・ベース
有限会社 エフ・ベース