敷地を読む

建物を計画する時、敷地を見に行きます。

住まいづくりは、その与えられた条件の中で、居心地のいい場所はどこかを見極める事から始めます。

 

 

日当たりを確認し、冬の日射を取り入れ、夏の日差しを遮る。

冬の日射を取り入れる事で、室内を暖める事ができます。

夏の日射は屋根や庇を出す事によって遮ります。

 

景色が良いか、視線が抜けるか、近隣の視線を気にすることなく、窓を開け放つ事ができるか?

植栽で 季節の移ろいを楽しむ。

区画された一般的な住宅地では、特に近隣との関係を注意しながら進めることが大切です。

周辺環境や近隣との関係を視野に入れながら建てられています。

住宅地では、南面が空き地で日当たりが良くても、将来、建物が建つ可能性がある場合は検討をしておくことが大切です。

 

その他いろいろな事を検討しています。

駐車場のスペースを確保し、玄関へのアプローチはどうするか?

庭のスペースを確保して 木や草花を育てる。

建物廻りにメンテナンススペースを確保する。

 

 

ご提案し採用された、配置計画です。

よくある分譲住宅地です。敷地に平行に配置される事が多いですが、あえて斜めに配置をしています。

太陽の日射を受けやすくし、リビングから隣の家を見るのではなく、景色の良い方向を見られるように考え、

庭が道路から見えなくなるので、窓を開けて、日が入り、プライバシーを保てるようになりました。

また、道路から玄関まで、ほど良いアプローチをとる事も出来ています。

 

 

 

 

住宅街を良く見ると、ハウスメーカーなどは、プランの規格やサイズが決められているので、

敷地に対して、無理に配置してある場合があり、大きな窓が西に向いていたりしている家もあります。

大開口のサッシが西日を受け、いつもカーテンをしなくてはならず、、、。

 

また建物が高く、屋根が片流れになり、北側の土地に影を落としています。

 

 

 

出来る限り近隣の住宅にも配慮をして、屋根形状を検討していきたいと思います。

エフ・ベースは与えられた条件を整理し、敷地に適したプランを提案しています。

 

Written by:

敷地を読み解き、愛着のわく、普通で、無理や無駄のない自然体で暮らせる家がよいと思っています。

掛川市で注文住宅の木の家ならエフ・ベース
有限会社 エフ・ベース