掛川市で注文住宅の木の家ならエフ・ベース

ブログスタッフブログこだわりのキッチン

こだわりのキッチン

注文住宅を建てようと計画をするとき、ほとんどの奥様がキッチンにこだわりを持っているのではないでしょうか?

私も自邸新築の計画をしていた時、キッチンには特にこだわりました。今回は、エフ・ベースで施工した事例を参考にいくつかご紹介いたします。

 


 

システムキッチンと自分好みの手づくりキッチン

キッチンには、システムキッチンとオーダーメイドキッチンがあります。お値段は様々ですがシステムキッチン

もオーダーメイドキッチンも、使う方の身長に合わせて高さが変えられたり、扉の色や素材、ワークトップを

選べたりします。

システムキッチンは、現物やサンプルなどがメーカーのモデルルームに展示してあるので、実際に見ることが

できイメージしやすいと思います。

エフ・ベースでは、お客様のお好みにあわせたオーダーメイドの手づくりのキッチンもご紹介しています。

エフ・ベースのモデルハウス『TRUNK』にもオーダーメイドのキッチンが備え付けられています。

 

 

キッチンのワークトップ(天板)

 

キッチンのワークトップとは、調理などの作業を行う天板・カウンターの事です。

システムキッチンでも、手づくりキッチンでも、お好きなものを選ぶことができます。

素材には、ステンレス、人工(人造)大理石、タイル、天然石など様々なものがあります。

ステンレスはとても優れた素材で、耐水性、耐熱性、耐久性に優れています。掃除もしやすく、

コスト面も魅力的です。小傷がつきやすい欠点がありますが、それを補うために凹凸をつけた

エンボス加工なども増えてきています。

人工(人造)大理石は耐水性や耐久性に優れています。アパートの小さなキッチンで過ごしていた私は、

大きな人造大理石のワークトップにとても憧れていました。改めて調べてみると、人造大理石の素材は

アクリル系やポリエステル系の樹脂でできていて、安価なポリエステル系は長期間使っていく間に紫外線で黄色く
変色することがあるそうです。

我が家のキッチンは白っぽい人造大理石ですが、なんとなく黄色く変色しているので、きっとポリエステル系だったのでしょう。

現在はアクリル系が主流とのことですが、見た目ではわかりにくいので購入前に確認した方が良いと思います。

 

熱に強くて清潔なオールステンレスキッチン

 

汚れがつきにくく熱に強い素材なので、食材をそのまま置いたり熱いお鍋をそのまま置いたりできます。

オールステンレス製のキッチンは害虫の侵入率が他の素材のキッチンよりも低いと言われています。

ステンレスが医療用に用いられている点でも、とても衛生的ということがわかります。

シンクとワークトップとの継ぎ目がないので、継ぎ目が腐食するということがありません。シンクと

ワークトップが違う素材の場合、カビやサビが発生することがありますが、オールステンレスにはその

心配がありません。お掃除もしやすくて、清潔に保てます。

(濡れた空き缶などを置いておくと、空き缶のサビがついたりすることはありますので要注意です)

 

カフェのような個性的なキッチン

以前エフ・ベースで建築されたお客様の中で、キッチンのダイニング側をモルタル仕上げにされた方が、いらっしゃいました。
私は、内装にモルタルを使用するのはあまり見たことがなくどのようになるのかと思っていましたが、完成してみるとまるでカフェのような仕上がりでした。
お料理するときも食べるときもテンションが上がりそうですね。

 
 

アイランドキッチン

私の憧れのアイランドキッチン。エフ・ベースのモデルハウスには、ステンレスのワークトップのアイランド

キッチンが設置されています。初めて訪れた時は『これだ!!』と思いました。ただ、アイランドキッチンは

私にはハードルが高く、常にきれいにしていないととても目立ってしまいます。

恥ずかしながら今では、隠せるキッチンで良かったと思っています。

アイランドキッチンのシンク下には、ごみ箱を置くスペースを作ってあったり、ダイニング側には飾り棚や戸棚を

配置しています。塗装仕上げなので、好きな色に塗り直すこともできます。

 

 

余談ですが、私は家を建てる計画をしている頃パン教室のインストラクターをしていました。

その時、ガスオーブンで焼いたパンがとてもおいしくて、それだけは譲れずにビルトイン型のガスオーブンを

備え付けました。15年経った今でも現役で頑張ってくれています。

パンと離れた今でも、グラタンやお菓子類は必ずガスオーブンで焼いています。娘たちが自分たちでお菓子を

焼くようになったので、とても重宝しています。

 

お料理好きの方はもちろんそうでない方も、キッチンは毎日使う場所ですから、長時間いても飽きずに

うきうきするようなお好みのキッチンに出会えると良いですね。

 

Written by:

お客様が健康で笑顔あふれる家づくりができるように、微力ながらお手伝いできたら嬉しいです。

掛川市で注文住宅の木の家ならエフ・ベース
有限会社 エフ・ベース