Portfolio

家族と寄り添うGOOD-TIME PLACE

家族と寄り添うGOOD-TIME PLACE

エフ・ベースで家を建てて5年。
2019年7月にリニューアルしたエフ・ベースのモデルハウス「TRUNK」の「GOOD-TIME PLACE」(屋根付きのアウトドアダイニング)を見て、「わが家にもこんな場所が欲しい」と、「GOOD-TIME PLACE」をつくることを決意されたWさんご家族。

もともと外遊びが好きで、キャンプ道具もたくさん持っていたWさん。

【BEFORE】GOOD-TIME PLACEができる前、外遊びをする時はこんな感じだった
【BEFORE】家族3人で自転車を楽しむ時、倉庫からの出し入れが面倒だったそう

でも、庭で遊ぶとなると準備がひと苦労で、最近はあまりやらなくなっていたそう。それが、「GOOD-TIME PLACE」が完成してからは、暮らしが一変。リビングのダイニングテーブルに料理やお酒を運ぶような気軽さで半外空間のテーブルに食事を運び、毎日のように外での食事を楽しんでいるのだとか。

いつでも気軽に気持ちのいい場所での食事が始められるのが嬉しい
外での食事は会話も弾む

今回、GOOD-TIME PLACEをつくるにあたってのWさんご家族からの要望は以下のようなもの。

  • 家族の趣味の自転車を、雨に濡らさず収納できる場所が欲しい。
  • 子供も大きくなったので外での食事を気軽に楽しめるようにしたい。
  • ご主人 : お酒が好きなので、外にも気持ちよく飲める居場所が欲しい。
  • 奥様 : 雨の日でも外で洗濯物を干せる場所が欲しい。
  • 息子さん : お友達と思いっきり遊べる場所が欲しい。

これらに対して、エフ・ベースが提案したのは以下のような計画。

提案時のスケッチ(1)
提案時のスケッチ(2)
【AFTER】完成時のGOOD-TIME PLACE
【AFTER】ポリカーボネートの屋根の効果でとても明るい空間に
【AFTER】キッチンにはもともと持っていたスノーピーク製のキャンプ用品を流用した
【AFTER】自転車の出し入れがスムーズに。気心の知れた友人達と集まる時も、家の中を通らずに直接こちらから土足で入ってきてもらう
【AFTER】家の中とのつながりはこんな感じに
【AFTER】リビングからGOOD-TIME PLACEを見る
【AFTER】イタリア製のSMEGの冷蔵庫がお似合いの空間に
お客さんからの評判も上々だそう

家族の要望を受けて完成した空間は、コンクリート土間なので庭から土足でスッと入っていける。
友人たちを招く時も庭から入ってきてもらう感じが昔の縁側のような感覚で、招く方も招かれる方も互いに気が楽なのだとか。

ダイニングテーブルは、今回の工事を機にリビングのものを新調し、今までリビングで使っていたものを持ってきた。キッチンの流しと作業台は以前から持っていたスノーピークのキャンプ用のものだ。

先日、エフ・ベース主催の「暮らしの見学会」を行った際は、初対面のお客さんたちとこの空間ですぐに打ち解け、連絡先を交換し、「今度は飲みましょう!」ということになったのだとか。

GOOD-TIME PLACEには、そんな風に、人と人との距離を縮めてくれる不思議な力があるのかもしれない。

Date:
有限会社 エフ・ベース